browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

山林に不動産投資をするのが当たりかも?

最近では、山林は個人での不動産投資としては、あまり人気が無いようですが、企業などが、社会貢献活動として参加し、社員の福利厚生に利用している所もあります。

植林や間伐体験をして企業内統治やコンプライアンスに役立てている企業もあります。

また、税金対策として、不動産投資をしている企業もあるようです。

水資源確保のために日本の有名な飲料メーカーが山林を所有したり製紙会者が山林を保有したりしています。

日本は国土の約70%が森林と言われています。

その為に水資源が豊かな国ですが、木材は輸入自由化により、国産材の需要が激減し、燃料もガスや電気に変わり、個人では森林を守ることが出来ないほど衰退しています。

林業の従事者も高齢化して後継者不足となり、森林組合が補助金を頼りに間伐等をしているのが現状です。

山村地域は限界集落と呼ばれる所が増えています。

その為、地価は、際限も無く安いです。

不動産投資をするなら山林も良いと思います。

何故ならば、森林を活性化しなければ水資源や環境保全ができないのですから!

戦後に国策として、補助金制度を利用して、植林をした杉やヒノキも、70~80年に成っています。

国が奨励した木も今では花粉症の最大原因という副産物を生み出し、社会問題になっています。

世界では、熱帯雨林が毎年消滅しており、砂漠化も進んでいます。

日本においても、地球温暖化対策として温室効果ガスの削減木曜も決められ、二酸化炭素の吸収源確保が必要になっています。

森林を手入れすることによって土砂崩れや洪水などの災害を防止して水資源を守っていく必要があります。

日本は、これから20年後には100年を超える杉やヒノキを中心とした人工林が出来るのですから、世界に誇れる森林保有国になっていくと思います。

継続して管理して行く為にも森林に不動産投資をして、森林と関わっていくことが重要であると思います。

私の住んでいる地方も周りを森林に囲まれ、自然豊かで風光明媚であり、日本有数の水のきれいな河川も有しています。

国有林や県有林も多くあります。

これからは森林に不動産投資をする事をお勧めします。

大阪の不動産投資に挑戦

コチラが参考になります。


© 2016 大阪で話題の不動産投資セミナー